私のページにリンクしてくださってる方のページや、
私が是非とも観て頂きたいページなどを紹介していく所です。

諸説明
※1 掲載していった順になっております。
※2 新しいウインドウで開きます。
※3 各ページのアイコン、またはタイトル
、アドレスをクリックすればジャンプできます。
※4 各ページのジャンルをすべて紹介している訳ではありませんので、ご了承ください。

http://www.lares.dti.ne.jp/~k-hideki/
かわっぺ様

その昔この日本に存在した「国鉄」についてさまざまな形で紹介されているページです。
写真と飾り気の無い文体で国鉄の哀愁漂うあの空気を感じることが出来ます。
現代に生きる国鉄が色濃く残る場所も訪問なさっていて、その空気を感じることができますし、
実際に行ってみるのにもとても参考になります。

そして私の鉄道模型再開のきっかけとなったすばらしい模型のページがあります。
とても素晴らしい写真がたくさん掲載されていて、
実物と見紛うほどです。
虫のレイアウト設置方法のノウハウはココでほとんど盗みました(愚)。
車両紹介ページが最近出来まして、日々かわっぺさんの素晴らしい写真が増えています。
さらに虫の師匠として腕が上がり続けているかわっぺさんに頭が上がらない虫です……。

私の紹介文はまとまってないですが、とてもまとまりの良いページです。
そして行って見れば私の勧めた理由が全てわかるでしょう。 (文章作成 2003年6月頃)

http://www.medianetjapan.com/2/17/entertainment/ngezi/top.html

あき様

とあるサイト(以下某所と表記)の掲示板で知り合いになった方です。
アクセス数がウチの何十倍もあるようなサイトなのにかわっぺさんの所にリンクしてからと言う
虫の勝手な考えのもとリンクの話を少し待って貰ったのも今では良い思い出です(マテ)

多分、この記事を読んでる人の半分位はあきさんのサイトから来てる方なので説明も不要かもしれませんが、
素晴らしい壁面レイアウトとか四国の車両に的を絞った車両工作とか凄く中身のあるサイトです。
レイアウトもあの頃は固定式だったんですが、今では壁面で、しかもどっかの壁面レイアウトより建設開始時期が
遅いにも関わらずあり得ないくらい高いレベルの工作で作業が進んでるのは見てのとおりですよ。神ですか。

ウチの掲示板人口が3人とかそんな時代の頃に投稿してもらってて、
お世話になるにも程がありますよ俺!!(愚) 本当に感謝しっぱなしです。
なのに何も恩返ししてない私はこう、レイアウト建設を進め、読んでもらう事で恩返ししようと思ったんですが、
それって半分以上自己満足やんけ、とか、レイアウト進んでないやんけ、とかもう末期です(意味不明)
まぁ、なんだ、このリンク紹介文読むよりあきさんのサイト見ろって事だ。な?(読んでる人にこの上ない失礼)
 (文章変更 2005年10月)

彩雲鉄道http://www.geocities.jp/saiun_tetudou/index.htm

彩雲様

こちらも某所さんのお知り合いです。某所万歳。
そしてウチの掲示板の投稿者が自分含めて3人時代の1人です。
あきさんと彩雲さんの画像投稿のおかげで今の規模がある当サイトとして紹介しないのは非国民ですので。

内容はですね、レイアウトの製作記事ですね。メインは。色々変わったりするので深く書きませんw
旅行記とかそう言うのとか色々イレギュラーに出ますので見てなきゃ見れない感じですよ(謎)
どっちかと言うと、コミュニティ色が強いですかね。と言うよりチャットが盛況です。
このチャットで知り合った方も居ますし、たまにのめり込んでチャットやってるキモイ虫が見れるのもココだけです(愚)
彩雲さんの人のつながりの広さを感じますね。はい。

一まず、建設中のレイアウトの記事更新をひたすらに待ってるのがココに1人います。
(文章変更 2005年10月)

http://www.rk-works.com/~mezakan/index.htm

りょう様

大体の人はウチのサイトにリンク先のサイトさんから来られるのが一般的です。
りょうさんのサイトからもたくさんの方が来て下さってますので、あんまり説明も要らないかと思いますが……

以前、山岳レイアウトを製作されていて、その過程をサイトの1コンテンツとして公開なさっていたんですが、
今回、新規レイアウトの製作が開始されました!!その際に、サイトもレイアウトのコンテンツが独立し、
構成も大幅に見直され、サイトも随分とデザインから機能重視のものになり、
レイアウト製作の参考書として最適な、気軽に何度も見たくなるようなサイトです。

レイアウトの凄さは前作(初代レイアウトと言うコンテンツで見る事が出来ます)で十分に確立された工法と、
時に斬新な手法が織り交ぜられ、よく度肝を抜かれるモンですよw
個人的な意見なんですが、りょうさんはレイアウトの「見せる」所と「隠す」所を凄く上手く使い分けていて、
その見せる部分と隠す部分の境界などと実に上手く処理してるんですよ。
だから全体として見た時もとってもまとまりがあって落ち着きのあるレイアウトに見えますし、
一つ一つもとても細かく作られているのでとにかく関心してしまいます。
しかも作業が早い。ウチがレイアウトを作り始めて数年経つのに何にも進んでないのに対し、
日を追うごとに近づいていくのでウチも作業なんかしてないでりょうさんのサイトを見てますw

掲示板も画像が貼り付けられるようになってパワーアップですよ!!
こんな説明より、まず1読!!(リニューアルに伴い文章変更06年10月14日)

変更作業が大幅に遅れて申し訳ありませんでした。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/kurom2/

クロム様

私はこのクロムさんのサウンドセットを使ってBMSを作っています。
最初は私もこのクロムさんのBMSを遊んでいる側の人間でしたが、
そのサウンドセットの使いやすさから、とうとう作ってしまいました♪
その作ったBMSを今まで鳥さんのページでここ2年ほど公開していたのですが、
閉鎖となることが決まりましたので、この通りBMSを受け継ぎました。
その際、クロムさんにサウンドセット使用のお願いを出しましたところ、
なんとサウンドセットと、クロムさんのBMSを再配布しても宜しいと…
とまぁ本当に色々お世話になりっぱなしの方でございます。
さらに相互リンクして下さるので、素晴らしいこのページを紹介する次第です。

ここにも置いてありますクロムさんのBMSを私はココでダウンロードした時、
その完成度の高さに驚かされました。フルで再現してあり、しかも鍵盤配置がとても面白い!!
そんなクロムさんみたいなスピBMSが作りたくて私は頑張って作っていましたが、全然まだまだです(汗)
また、テイルズのBMSはmidiから音を取っている事もあり、物凄くクオリティが高いです。
私はテイルズ(ゲーム)をやったことが無いので原曲を聞いた事が無いのですが、
配置の面白さも手伝って、BMをやるときはいつも遊ばせて頂いてます。
他にも自作のCGIを公開されていたりします。

一まず行ってみる事が正しい選択です♪

http://www.poppoya.net/

ポッポ屋様

私が、模型を休止してBVEというシュミレーターにハマっていた頃、
京急のBVEデータがある所にたどり着きまして、そこで知り合ったのがポッポ屋さんです。
今回所有車両の実車解説にポッポ屋さんの趣味鉄道写真集を使用させて頂きました。
○浜○行についてとても博識な方です。何しろ元●●●ですので…(笑)
主に読み物がメインです。私は最初ココの哀愁ポッポ屋さん物語から入りまして、
言いたい放題、言いたい放題小ネタ(笑)と読んでいくに従い、
どんどんポッポ屋さんの世界に入り込んで抜けられなくなってしまいました(笑)
ここにある、LetterFromLossAngelsは私の人生観を変えるほどの影響力がありました。

このページを読んでいるととても人生を楽しまれてるポッポ屋さんの日々を知り、
羨ましくてこんな人生が自分にもおくれたらいいな〜。なんて思っちゃいますよ♪


夢テック鉄道模型工房http://yumetec.net/train/

夢テックオーナー様のページです。

工作などを扱っているサイト「夢テック」の一部の鉄道模型のサイトです。
あまり前例を見ないレイアウトと低コストの車両製作は本当に感心してしまいます。
レイアウトは画像に映っているものから感じ取る雰囲気の良さがなんとも言えません。
現在はどうやら更新をお休みしているみたいですが、レイアウトの画像などは現在でも見れますので。
是非一度立ち寄ってみてください。(文章変更 2006年/2月2日)

KAZU WEB STATIONhttp://blit1009.hp.infoseek.co.jp/

KAZU様

KAZUさんはまだ当サイトに掲示板が無かった頃(良い所が一つも無い頃とか言わないで下さいw)、
メールで感想くれた人です。ありがたいねぇ。まだまだ日本行けるって。
実は同い年です。なのに虫の数億倍しっかりしてるのは何なんですか?
もしかして虫は未だに糞ガキですか。そんな事っ……なぃ…かもしれないじゃないか(弱)

サイトはレイアウト記事がメインです。あと別サイトを管理してるらしく、
そこでやってるブログに直接行けますのである意味毎日読み物があります。
充実ぶりがどっかのサイトとは違いますね。ザ・ナイス更新サイト。

ウチの壁レイアウトに影響を受けてくれまして、壁レイアウト建設を始めてくれました!!
(まぁウチのレイアウトとがほとんどかわっぺさんの作品から色々パクってるモノなのでかわっぺさんの……)
もちろんウチなんかのレイアウトより魅力がありますし、万々歳ですよ!!
同じ壁レイアウト製作者としてもかなり色々と勉強させてくれる所も多いですし、目が話せませんね。
そして虫より建設開始時期が遅いのに既にシーナリーに入ってるのはもはや常識ですOTL

KAZUさんを尊敬しつつ、何とか追い着けないか頑張ろうと思う私がいますよ。
常に私の先を先を行くKAZUさんのレイアウトはウチのレイアウト記事見る方なら是非見るべきですね。絶対に。
(文章変更 2005年10月)

http://ameblo.jp/viva-nagoya/

ジュンツー様

ある日、ウチの掲示板に書き込んでくれた私の1つ上の紳士、ジュンツーさんですよ。
今ではすっかり某所にも馴染み真に宜しきかな宜しきかな。そして虫はお世話になり過ぎてます。

サイトはレイアウト記事があったり、個性的な車両加工があるのが模型のコンテンツ「尾頭軽工」。
コンテンツの1つに過ぎなく他にも色々有りますが、ウチが全部紹介しても長いだけで魅力伝わらなそうなので、
模型だけ紹介します(それくらいしかウチも知識無いので…)
レイアウトは個性が魅力に上手く形を変えたようなレイアウトです。
こう、真似したくなるような小技が効いてるんですよ。その辺の平々凡々な巨大レイアウトとか目じゃないです。
ちゃんと「中身」があるレイアウトなんです。

さらに、名古屋の某貸し運転場のレイアウト製作を請け負う事になり、
そのレイアウトの製作記が新たに追加されました!!(「別注 レイアウトのすヽめ」)
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。そうです。あのレイアウトです。
製作中の画像なんてのを見てから運転するとそれはそれは別格でしたよ。
この記事読んで、実際に運転する。これが最強の公式です。
他にもこの記事読まなかったら知る事の出来ない情報もありますし、是非読んで下さい。

車両加工もディティールのそれに走りすぎる事無く、魅力を出してます。
細かければ何でも良い的な某メーカー主導wの考えを華麗に打ち払ってくれますね。素敵!!
模型の楽しみ方とか、そう言うのもこのサイトから感じ取れるんじゃないかと思います。
趣味の在り方を教わってください。
(文章一部変更 2006年 2月)

http://newtown.cool.ne.jp/models/

ユヒコ様

きっかけは、ウチが横浜市営地下鉄の作品を掲示板から無断リンクした事から始まりました(愚)
アクセス解析をユヒコさんがしていて、ウチのサイトを知ったらしいです。
なんと、ユヒコさんからリンクしませんかとお誘いが来たのであります。
虫は、「しらこばと車輌工場」は大手だしウチが勝手に見るだけにしておこう。とか思ってたんで、
かなりビックリです。はい。もちろんスンゴク嬉しいのでございます。

ご存知の方も多いかも知れませんが、ウチなりの解説を。
ユヒコさんの作ったGM車両の改造、組み立てや完車輌製品レヴューなど車輌系が色々!!
読んでいるとスンゴクGMキットが作りたくなるんですよ!!
最近メーカー「M」の進出のせいで「キット離れ」が起きてますが、
ココを読めばキットを嫌煙してる人でもチャレンジスピリットが沸いてきますゼ?
メーカー「M」の製品紹介も、とても独自の視点で評価しており、とても共感の持てるものです。
また楽しい発想や、サプリメントって言うおまけ的なページがあるんですが、
ユーザーの痒い所に手が届く感じは本当に気持ちのいいものがあります。
模型のスタンスは見習っていきたい所ばかりで、素晴らしい模型の先輩として崇める感じですよ。

何より、ユヒコさんの優しい人柄が出た文章が素晴らしいです。是非「読み」にいきましょう。

http://www.geocities.jp/inunomarubi/

まるびの飼い主様

ウチが「コルクパテ」と言うものどう言う物なのか知りたくて、
「コルク パテ 模型」とキーワードを入れて調べていたら偶然発見したサイトです。
(あとで木粉粘土と言うものだと言う事が分かりました)
そんな訳で偶然見つけたサイトだったんですが、コレは奇跡でしたね。
とても大きなレイアウトを作られていて、事細かに課程を記録されてます。
失敗や、やり直しなんかも全て記録されていて、その「事実」にはとても説得力があります。
全てが結果としてそこに書かれているわけです。
また、毎週コンスタントにレイアウトを作り続けるその姿勢も素晴らしく、
毎週日曜日になるとレイアウト記事が更新されてるんだなと虫は無意識に向かいます。
今ではとても有名なサイトになられたのであちらから、当サイトを見つける方のが多いと思います。

もうそろそろ完成が見えてきたかな…と思っていた矢先、更なる拡張計画が上がってるとかいないとかw
(文章変更 2006年2月2日)

http://ashiomania.choitoippuku.com/

ヒラヒラ様

この方も某所の方です。(最近はあまり某所では見かけませんが…)
あきさんが早々からリンクしていたので存在は知ってたんですが、ネットヒキコモリ虫はフットワークが重い重い。
でもそんなネットヒキコモリでもリンクをお願いしたくなるような素敵サイトですよ全く!!

サイトはレイアウト製作の記録と第二の故郷足尾町の紹介がメインとなっております。
ヒラヒラさんの作られているレイアウトはとんでもなく「センス」がいいんだと思います。
なんとも言えない安堵感を与えてくれます。技術も高いのですが、
そういった技術では語れないような凄さを持ってるのがさらに凄いと思います。
こんなレイアウトが作れたらなぁと思いながら自分もレイアウト作ってます。
自分の目指す答えの1つです。

現在はブログの方でモジュールレイアウトの製作記事を連載されてます。
これもやっぱり雰囲気と言うかモジュールが持つ空気が凄い。
毎回の更新が楽しみで楽しみで仕方ない状況が続いております。
(文章変更 2006年 2月2日)

http://djh02287.s41.xrea.com/

架線注意様

某所メンバーさんです。さすが某所です(謎)
コンテンツが、架空鉄道から始まり、鉄道模型、写真、BVEデータをメインに展開されています。
一つ一つのコンテンツがしっかり掘り下げられていて、決して上辺だけのサイトじゃない事を物語っています。
また、そのコンテンツとは別に特集も組まれ、時には実車、時には模型と、読ませてくれる記事を書いていらっしゃいます。

で、もちろん個人的に押すのは模型ですwしかもレイアウト。
前に某所で大きなレイアウトを見たんですが、ソレは既に解体され、現在は新しく作り直してる模様です。
レイアウト建設スタートとして、駅セクションの記事が公開されたんですが、
かなり配線センス良いです。国鉄の大規模駅の雰囲気を既に配線だけで醸し出しています。
配線が、国鉄と私鉄の作り分けに大きく影響するのは事実なんですが、
それ以外にももちろん色んな+αがあって成り立つものなんです……が、
既にヤバイほどの空気を持つあの駅が完成するときにはどんな事になってるか想像も出来ません。
マジで楽しみです。

また、ミニモジュールなんかも作られていて、レイアウト工作が頻繁なのがとても嬉しいところです。
日本の模型業界もマダマダ大丈夫ダヨ!!

この文章で紹介したのは、ほんの、ほんの僅かな部分だけです。凄いですよ?(文章05/6/27)

http://www.k2.dion.ne.jp/~merc83/index.html

じゃぐ様

こちらも某所メンバーさんです。某所さんとはリンクしてないのですが、
とてもお世話になってますし、とてもコチラからは関係があったりします。(あそこは大手なので)
さて、じゃぐさんが本格始動しました。今まで某所の掲示板などでお会いする感じだったんですが、
つい最近、サイトを始めたとの事で、最初は“仮”だったんですが、
僅か1ヶ月足らずのウチに大量に出来た常連さんの期待に応える形で正式公開です。
その際にこの虫の駄目サイトにもリンクの機会が巡ってきました。じゃぐさんは神ですかね。

で、肝心のサイト説明の方なんですが、じゃぐさんの作ったミニモジュールの製作記と、
そのミニモジュールを使って撮影した四国をメインとするじゃぐさん所有の模型の紹介です。
あと、実車の写真も少しあります。
こうやって説明すると凄くシンプルですね。と言うかシンプルなんです。
じゃあなんでリピーターが大量に出来、“ファンの期待に応えるカタチ”でサイトが正式運営になったか分かりますよね?
単に模型の、モジュールの、一つ一つの画像のクォリティが半端じゃなく高いからです。
基本のステータスが解説1ヶ月足らずとは思えないレベルだからです。

実際、虫もそのミニモジュールを見てから、
レイアウトの関係でミニモジュール置くためのほんの僅かな場所さえも無いのにミニモジュールが作りたくて困ってます。
この気持ちどうしてくれるんですか!?(全員無視)コレで、レイアウトを一つも持ってなくて、
本当は少しのスペースがあるのにレイアウトを作らないのを場所のせいにしている
全国の躊躇している模型人の言い訳を見事に封じ込めてくれました。
みにモジュールなんてA4サイズもあれば出来ますからね。
サイト見れば限りない可能性と、製作意欲が沸いてくる筈です。

ご存知かと思いますが、虫の紹介文は意味を殆ど持ちません。
結局のところ、自分の目で見て初めてそのサイトの良さが分かるかと思います。
見に行きましょう。(文章05/6/27)

http://www.trafficsignal.jp/~crossing/

S.やくも様

つながりとしてはKAZUさんの繋がりで縁が出来たように思います。
ウチの掲示板に書き込みしてくれるようになって本格的な交流が始まりました。
根本は、模型とかレイアウトとかそういうので共通のものがあるのでもうそれはそれはアレなんですよ(ぉぃ)
あと、同じマンガ家の好みが近いとかその辺のなんていうかね。アハ!!(マテ)

サイトは、踏み切りについての色々がメインコンテンツになってます。
踏切ってのはあんなにも色んな部品と仕組みで出来ていて、分類とかかなり深いんだなぁ〜ってのが分かります。
ウチなんかのサイトと違って資料価値がある所とか嫉妬を覚えますよw
踏み切りに興味がある人はもちろん、無い人でも興味もてるだけの内容が揃っております。
踏み切りから街の姿や人の暮らしが見えてくると思います。

さて、ウチのリンク紹介文なので模型のことも書くわけですよ!!
サブコンテンツと言うか、こっそり併設されたコーナーに模型があるんですが、
控えめな割に展示してる内容が恐ろしくハイクォリティ!!!
路面電車のモジュールレイアウト(通称路モジ)とか凄いですよ。
光の芸術作品とかそんな感じですよ。
雨の日に、信号の灯りとかが綺麗だなぁって思った事がある人なら絶対見るべきです。
光でそういったあの空気感を再現できていると思います。凄い!!
他にも、色々と「光」にこだわりを持ったものが色々と展示されてますよ。
楽しみを全て言ってはいけませんからね。つうか俺の文章じゃ表現不可能ですよ。
早く見ないと!!早く光を見てください。(PC変更にともなう文章消滅の為 書き直し06年10月15日)

http://shiagenin.michikusa.jp/index.html

浦島支線様

前からお付き合いのある浦島支線様が一時の休養期間を経て復活なされました。
一年ほど前に……
前サイト時代に相互でリンクさせて頂いてまして、
復活なされたときから私のサイトにリンクしてもらってました。
それなのに虫はリンクに追加するのを彼是1年以上放置ですよ。ちょっと。
なんていうか本当にすみませんでした>浦島支線様

サイトは多分皆さん説明しなくてもご存知だと思いますが、
超絶的なテクニックで撮影された画像を中心に構成されています。
模型としての技術も相当に高いんですが、
模型を撮影する事を重点に置かれている点が特徴です。
模型の撮影となると画像処理などがよく使われますが、
浦島支線さんは基本的に画像への加工はリサイズだけです。
デジカメにありのままを工夫して写そうという試みはサイトを作るものとしてもとても勉強になります。
「魅せる」事の魅力がココには詰まっているように思います。
前サイトで大人気を博した「リメイクレイアウト」も復活で、
最早向かう所敵なしの充実ぶりです。
リクエストとか、そういった読者?の声をすごく拾ってくれる方で、
虫は今までに色んなワガママを…いやなんでもないです。
まぁアレですよ。メール出すしかないな、と。 (作成 07年9月2日
)

http://hatsukari.yu-yake.com/index.html

かふんしょー。様

これまた1年近く…本当にすみません。
某所でお会いしたのが最初だったように思います。
最初は、サイト運営は色々な都合で不可能で、
たまに掲示板とかに頂く画像のレイアウトの詳細情報を見れる環境がない事にやきもきしてました。
しばらくお会いしない期間が続いたんですが、
突如サイト開設ともにこちらに来ていただいて色々と嬉しい驚きをくれたのを覚えてます。
そのときはまだレイアウトの記事も無かったんですが…
こうしてリンクを張らせて頂く現在は製作記が始まっています!!(本当にお待たせてスミマセンでした)
サイトの構成やデザインに細かい気配りがよく利いていてとても見やすいサイトです。
敢えて多くは言いませんが、やりたい事を全部やってますw
結構な量のコンテンツなんですが、
(当たり前といえば当たり前なんですが)全てかふんしょーさんの手によるものです。
サイト全体から創作するパワーみたいなものを感じます。
決してあつかましいものでは無く滲み出るその雰囲気に
色々と力を貰ってます。サイト製作はこういうものなんだ!!的なものを (作成 07年9月2日)